美しく・丈夫で・歯との親和性の高いセラミック

セラミック治療とは、欠けた歯や亀裂のある歯などの詰め物・被せ物に「美しく・丈夫で・歯との親和性の高い」セラミックという素材を使用した歯科治療のことなのです。 セラミックには透明感があって、歯の色を調節しやすといった特徴があるのです。精巧なものであるそしたら歯科医師でも一見本物の歯と見間違えてしまうこともあげられます。ですから、前歯など口を開けたときに目立つ部分の治療にはセラミック治療をオススメさせられることが多いでしょう。同様の歯科治療に使用させられる素材としまして、一例をあげますと、コンポジットレジン(保険素材)を使用した場合、吸水性を持つ性質により着色や変色をしやすく、時間が経つにつれて劣化していくこととします。これに対しセラミックはもっとも劣化しにくい素材です。着色や変色が起こりにくいため将来的に再治療のリスクが大幅に抑えられ、歯の寿命も保険治療と対すると長くなるのでしょう。治療を行うときの歯科材料は、いまは金属が主流です。金属による詰め物やかぶせ物は、治療跡が目立ち誰の目にも早々に分かってしまうのが難点です。これに対しセラミックは天然歯に近い透明感のある審美性が特徴で、口を開けたときに治療跡が目立たずに済むうえに、ナチュラルな美しい口元に近寄れることができます。